[PR]商用・アフィリエイト可能・ブログ付きで月額263円〜のレンタルサーバー

バリューコマース…Yahoo!ショッピングと提携可能な業界最大手のASP。
楽天アフィリエイト…報酬はポイント制であるが豊富な商品が魅力。
A8NET…楽天市場の報酬を現金で得ることが可能なASP。
トラフィックゲート…楽天市場の他大手企業との提携も可能なASP。
電脳卸…高報酬で健康・ダイエット系商品に強いASP。
アフィラック…紹介プログラムが高報酬の新規ASP。

2005年07月28日

トラックバック送信の注意

前回の補足ですがトラックバックについてはブログオーナーによってだいぶ捉え方が違います。参考

まずトラックバックを送る前にブログを隅々まで見ましょう。トラックバックに対して注意書きが書かれている場合があるからです。なにもかかれていない場合は、他のトラックバック状況を見て判断しましょう。判断できない場合は送信をやめるか、記事最後に参考記事としてリンクを貼っておくと安心です。

またトラックバック送信は、記事に反映されるまで時間がかかり、さらに送信するURLが多いと送信失敗と表示される場合があります。連続で送信ボタンをクリックしたりすると同じ記事に大量にトラックバックが送信されるので注意しましょう。なにしろ相手の記事のトラックバック欄はオーナーの方しか編集することが出来ませんからね。私も最初の頃はわからずに連続で送信してしまったことがあります。

そして最後にトラックバックは、あくまで短期的な外部リンクだと考えてください。送信した記事が古くなればそこからのアクセスや、グーグル等のロボット巡回もされなくなります(記事によりますが)。なるべくなら多いほうがいいのですが、サイトの外部リンクがトラックバックのみだとアクセスが安定しないのでお勧めできません。従来の相互リンク依頼等による外部リンク確保と組み合わせて利用しましょう。

posted by ヒロ at 23:16 | TrackBack(5) | アフィリエイト応用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

アクセスアップに有効なリンクとは

前回はトラックバックや相互リンク等でリンクが掲載されるページが悪いと、アクセスアップの効果が薄い場合があるということを書きました。その続きで今回はページ内のリンク掲載位置と掲載方法について解説します。

リンク掲載位置についてですが、あなたのサイトへのリンク=広告と考えればページ上部に表示された方がそこから訪問されやすくなりますよね。ただ上部であれば良いという訳でもないようです。→参考ヒートマップ

そしてリンク掲載方法ですが、画像リンクよりテキストリンクが理想です。検索エンジンのロボットがリンクテキスト内のキーワードをリンク先のページへの順位評価に加味するからです。以前サイトの名前はキーワードを入れたほうが良いと書きましたよね?他のサイトからリンクを貼ってもらう場合、大抵はURLかサイトの名前です。URLの場合はどうしようもありませんが、サイト名であればサイトの名前にキーワードが入っていると自然とリンクテキストにキーワードが入るのです。

画像リンクでも、この点についてはALTタグにサイト名や解説を入れてあれば、検索エンジンがキーワードとして拾うそうですが、テキストリンクと同等の評価が得られるかは不明ですし、サイト名や解説が付いていればいいのですがバナー画像のみの掲載だと訪問率が低いです。ほとんどのサイトのリンクページはバナー+サイト名+解説というリンク掲載方法だと思うので心配ないかとは思いますが。

以上を考えるとブログのトラックバックは、条件をよく満たしていると思いませんか?掲載位置は記事の下部になりますが、先頭に掲載されていれば記事を読み終えたあたりで目に付く位置ですし、記事タイトルのテキストリンクですからね。おまけに概要として記事の先頭が表示されるし、ブログによってはトラックバックの受信履歴がサイドバーに表示される等、アクセスアップ(特に検索エンジン対策)を非常に意識したシステムです。

ただトラックバックについてはブログオーナーによって捉え方が大分違います。そのことについては次回に続きます…。
posted by ヒロ at 11:59 | TrackBack(0) | アフィリエイト応用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

アクセスアップに有効なリンク元

サイトのアクセスアップをするには、サイト外部からのリンクつまり「外部リンク」というものが必須です。例えばブログのトラックバック、サイト同士でリンクを貼りあう相互リンク、検索エンジンの検索結果、…通常はこのような外部リンクからあなたのサイトに人が訪れます。そしてロボット型検索エンジンは外部リンクを検索結果順位決定の要素にしています。通常アクセスアップしたい場合は1つでも多く外部リンクを増やそうと、色々なブログやサイトを探してトラックバックを送信したり、相互リンクのお願いをするわけです。ですが外部リンクを増やす作業というのは非常に地道ですよね。なるべくならひとつひとつの外部リンクは、少しでもアクセスアップに効果のあるものにしたいですよね。そこで私の主観によるもので恐縮ですが、アクセスアップに繋げるリンク元の選び方を解説したいと思います。

まずリンク元選びで重要視するべき所は「リンクが掲載されるページ」です。相互リンクの場合リンクページ、トラックバックの場合だとブログの記事下部に掲載されますが、たとえば相互リンクでCGIで生成される自動リンク集のようなリンクページに掲載されると、検索エンジンが被リンクとして認識しない場合があります。一番の理想は全ページに掲載されるケース。一部のブログは全ページにサイドバーが表示されるものがありますので、リンクが掲載されると、直接・間接(検索エンジン対策)両方のアクセスアップが期待できます。そういう意味ではブログは非常に重要といえます。

そして、リンクが掲載されているページが他のページへのリンクをいくつ掲載しているか?という事も重要です。たとえば1つのページにあなたのサイトへのリンクだけが掲載されているのと、あなたのサイトへのリンクの他に、他のページやサイトへのリンクが100も掲載されているのとでは、どちらが有利かすぐわかりますよね?さらにGoogleのHPの引用ですが…

PageRankTM は、Webの膨大なリンク構造を用いて、その特性を生かします。ページAからページBへのリンクをページAによるページBへの支持投票とみなし、Googleはこの投票数によりそのページの重要性を判断します。しかしGoogleは単に票数、つまりリンク数を見るだけではなく、票を投じたページについても分析します。「重要度」の高いページによって投じられた票はより高く評価されて、それを受け取ったページを「重要なもの」にしていくのです。

とあるのですが、この「票」の評価は重要度の高いページからでも、そのページに掲載されているリンク先の数が多くなればなるほど、1つのリンク先への「票」の重要度が低くなるそうなのです。したがってリンク先が大量にあるページにリンクが掲載されても、前述の問題と合わせて直接・間接両方のアクセスアップの効果が薄れてしまいます。

悪い条件が重なると大手のサイトと相互リンクしても効果が薄く、逆にアクセス解析をすると意外なサイトからのアクセスが多かったりして、調べてみると掲載場所がトップページだったりとリンクの掲載ページひとつでアクセスが左右するのです。

次回に続きます…
posted by ヒロ at 17:26 | TrackBack(382) | アフィリエイト応用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

アクセスアップの苦悩

唐突ですがアフィリエイトで成功する為の鍵は、サイトへの集客つまりはアクセスアップであると私は断言したいと思います。というのも最近アフィリエイトを実施しているサイトへのアクセス数が落ちると共に、収益も確実に落ちているからです。間違いなくアクセス数と収益が連動しています。

考えてみれば広告の配置や、商品の紹介方法等はすべてアクセス数があるということが前提のテクニックで、アクセスアップに勝るアフィリエイトの必勝法は無いわけです。しかしながらこれが非常に難しいのが現実ですよね?

本日から数回にわたって、このアクセスアップ(集客)について私の実体験と共に解説していきたいと思います。

私が収益を伸ばせたのは、ブログのトラックバック機能によるものが大きいです。アフィリエイト基本の記事でも少し触れましたが、他のブログの記事にリンクを書き込むので注意も必要ですが短期的な外部リンク獲得には強力なツールです。しかしこのようなトラックバックやあるいは相互リンク依頼等によって外部リンクを得ても、集客に有効なものとそうとはいえないものがあります。

集客に有効なケースは、まず直接そのリンクからサイトに人が訪れてくれるケース。そしてもうひとつはGoogleなど検索エンジンが検索結果評価に加味するケースですが、リンクが掲載されるページやリンクの掲載場所・方法等の条件でこれらのアクセスアップ効果が低い場合があるのです。

どういう事なのかは次回に続きます…。
posted by ヒロ at 23:45 | TrackBack(0) | アフィリエイト応用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

新規ASP「アフィラック」

アフィラックは今月4日にサービスが始まったばかりのASPです。

広告数はまだ少なく他のASPとの優位性も無い状態ですが、アフィラック自体を紹介するプログラムがパートナーサイト1件につき600円と高額になっています。始まったばかりのASPですのでパートナーサイトの登録者も少ないです。したがってこれからの新規登録者を獲得しやすい状況といえますので、早めに登録し紹介報酬を得ましょう。
posted by ヒロ at 22:45 | TrackBack(1) | アフィリエイト情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

電脳卸キャンペーンの裏技?

電脳卸で、今月24日までに初売上をあげた方に500円のボーナス報酬が支払われるというキャンペーンが実施されています。

今からでは間に合わないという方に朗報…というか裏技なんですけど、電脳卸では会員が自分で自サイトから購入しても売上となり報酬も支払われます(会員になれば実質安く商品が購入出来る訳です)。従って今から登録する方や、まだ売上をあげた事がない方は自分でなにか商品を購入しても売上→500円のボーナスとなります。既に会員の方は気付いた人も多いのではないでしょうか。

売上の最低金額は特にないみたいなので、売上がまだない会員の方や、電脳卸に登録していない方はキャンペーンが終わらないうちに是非ボーナスをもらいましょう。
posted by ヒロ at 14:57 | TrackBack(5) | アフィリエイトサイト別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

ネットショップを一番利用する人って誰?

さて、アフィリエイトで最も実践している人が多いのはネットショップの商品紹介ですが、逆に最もネットショップを利用しているのは誰でしょうか?

それは「女性」です。ちょっと大雑把ですいません…

もう少し詳しく解説すると20〜30代の女性が最もネット通販を利用しており、この世代の女性にはある程度の経済力(家計をにぎる主婦も含めて)があり、なおかつインターネットを使いこなしている(利用する時間も多い)人が多いといえます。もともとこの世代はカタログ通販時代でも需要が高かった世代で、インターネットの普及によってカタログ通販からネット通販へ以降したといえるでしょう。

ダイエット・健康関連の商品紹介が多いのは、実際「良く売れる」からなんです。つまりこの世代に注目されているからなんですよね。要するに収益の多いサイトを作りたい場合、この世代を意識したテーマや商品を紹介するのが不可欠といえます。

私もダイエット・健康系でそれぞれ1サイトずつ持っていますが、アフィリエイトの収入の約6割を占めています。競合するライバルサイトも多いですが、比較的収益の上げやすいテーマです。

posted by ヒロ at 22:54 | TrackBack(0) | アフィリエイト基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

健康系TVで注目の粉寒天

ためしてガッテン・あるある大辞典2・はなまるマーケット等情報番組でダイエットや健康効果が紹介され注目されているのが粉寒天。すぐにスーパー等小売店の寒天が売り切れとなり、楽天のランキング市場で業務用の粉寒天が総合1位になるほどの売れ行きを見せました。

まだブームは続いていますので、ダイエット系商品の売れ行きの良い今時期は良く売れる商材です。紹介する商品はやはり500g〜1Kgの大容量の粉寒天が強いです。容量に対して価格の安く在庫が十分ある商品を探し紹介しましょう。コラーゲン配合品など付加価値のある商品と一緒に紹介すると良いと思います。

posted by ヒロ at 20:39 | TrackBack(0) | アフィリエイト商材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

サイトのアクセスを増やす

アフィリエイトで一番重要なアクセスアップについて、アフィリエイトのファーストステップの最後として説明したいと思います。

アクセスアップについてはそれだけでひとつのサイトが出来るくらいに奥が深く、このページだけでとても説明しきれない部分があります。ところがステップ1で勧めたブログは、初心者でもある程度のアクセスアップが見込めるのです。

まずサイト内部的な事としてブログはタグの記述やサイト構成が、最初から検索エンジンを意識したものとなっており、ある程度のSEO(検索エンジン対策)が施されています。そしてブログにはトラックバックという強力な外部リンク機能があります。かんたんに言うとトラックバックとは、他のブログの記事に自分のブログへの記事へのリンクを掲載する機能のことです。この記事の下部にも「この記事へのTrackBack URL」とありますよね?このURLをブログの記事を投稿する際に「トラックバック」という欄に入力して記事を投稿すると、この記事の下に投稿した記事へのリンクが埋め込まれるのです。関連した記事への通知や、記事引用を通知したりするのに使用します。

つまりダイエットに関連した商品の紹介記事を書き、関連した記事にトラックバックすることによって外部サイトからのリンクが増えます。その記事から訪問してくる人もありますし、記事が検索エンジンに登録されやすくなります。ただしトラックバックについてはブログオーナーそれぞれの捉え方があるようで、大きく分けると

  1. トラックバックの機能を良く知らない(され放題)
  2. 関連した記事からならトラックバック大歓迎
  3. 関連した記事からでもトラックバックする記事へのリンクを貼ってほしい
  4. 記事へのリンクも貼り、なおかつコメント等であいさつしてほしい
  5. トラックバックは一切認めない(機能OFF)

という5段階に分けられます。1・5は別としてトラックバックするときは、トラックバックする記事を書いた、ブログオーナーの意向に従ってトラックバックを送信するようにしましょう。テーマに基づいてトラックバックを受け付ける「トラックバックセンター」というサイトもあります>。また関係のない記事にトラックバックを送りつける行為だけはやめましょう。

このようにブログは毎日記事を書き、関連した記事にトラックバックといった事を繰り返すだけでアクセスアップできますが、従来のサイトのように他のサイトへ相互リンクのお願いをしたり、自動登録リンク集に登録したりといった努力も忘れずに。

続きを読む
posted by ヒロ at 23:03 | TrackBack(424) | アフィリエイト基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月01日

広告主との提携と広告タグ記述

ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)の登録が出来たら、続いてASPと契約している広告主と提携して広告タグ(広告を表示する為のHTML文)を取得しましょう。

A8NETの場合は、最初から楽天市場のプログラムとは提携になっていますので、初めは楽天の商品の紹介からやってみると良いでしょう。しかし楽天市場のプログラムは成功報酬(売れた商品の値段の1%が報酬額となります)ですので、クリック報酬型(広告がクリックされると1円〜5円程度の報酬が発生する)の広告を貼りたいのであれば、条件に合った広告を検索し提携を申し込みます。商品が売れなくても、クリックされるだけで報酬をもらうことの出来るクリック保証型の広告は、一見魅力的ですがクリック単価が1円〜3円程度と安く、A8NET内では成功報酬型の広告の補助という位置付けのようです。

一方完全成功報酬型の電脳卸は、電脳卸が運営するショッピングモール・ストアミックス内の商品を紹介する形となります。紹介したい商品画像を「仕入れる」という形でその商品を出しているショップと提携し、広告タグを取得します。またストアミックスへのバナータグや検索窓のタグも取得できますので活用しましょう(ただしそれらのリンク経由では報酬額が60%となります)。

成功報酬型の商品を選ぶポイントとしては、まず報酬額の高さで選ぶのはお勧めできません。あくまで自分が買うときに実際欲しいと思える商品を選びましょう。楽天の場合ランキング市場を、電脳卸はストアミック内のランキングをそれぞれ参考にしてみると良いでしょう。

タグを取得したらサイトのページに記述(実際は表示されたタグをコピーするだけですが…)します。選択範囲ミスでタグ先頭や最後の文字をコピーし忘れないように注意しましょう。ブログの場合記事内に画像リンクを貼って紹介するのが楽ですし一般的な方法です。

広告主と提携し広告タグをページに記述。これがステップ4です。

posted by ヒロ at 23:53 | TrackBack(0) | アフィリエイト基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。