[PR]商用・アフィリエイト可能・ブログ付きで月額263円〜のレンタルサーバー

バリューコマース…Yahoo!ショッピングと提携可能な業界最大手のASP。
楽天アフィリエイト…報酬はポイント制であるが豊富な商品が魅力。
A8NET…楽天市場の報酬を現金で得ることが可能なASP。
トラフィックゲート…楽天市場の他大手企業との提携も可能なASP。
電脳卸…高報酬で健康・ダイエット系商品に強いASP。
アフィラック…紹介プログラムが高報酬の新規ASP。

2005年06月21日

試行錯誤と気付き

さて去年の暮れから電脳卸で再びアフィリエイトに取り組んでみることになったのだが、やっぱり成果はなかなか上がらなかった。商材は私が運営していたあるスポーツ系サイトの内容と合うDVDだったのだが、専用ページを作り画像を貼り付けて説明を書いていたのにまったく売れる気配がない。それでも数週間たったころ連続で2本売れ初の成功報酬(この時点ではまだ未確定報酬ではあるが)が計上された。それから俄然やる気の出てきた私は画像の貼り付け方や説明文などイロイロと試行錯誤してみたが、ふと「電脳卸だけでは収益に限界があるのではないか?」と思うようになった。そしてもっといろいろな物を紹介したいとネット上を探し「楽天アフィリエイト」に登録したのだ。

「楽天アフィリエイト」とは楽天市場内のショップ・商品に直接リンクすることができ、さらに電脳卸のように商品の画像リンクも作ることが出来る。言うまでもないが楽天市場は契約企業数42246・商品数12091194点(6月21日現在)の巨大ショッピングモールだ。大抵の商品はオンラインで購入することが出来る。つまり多くの個人ページのテーマである「趣味」に関連した商品が必ず置いてあるのだ(私の運営していたスポーツ系サイトに関連した商品も当然置いてあった)。しかし楽天アフィリエイトは、楽天内でしか使用できない「楽天スーパーポイント」というポイントで報酬が支払われるということを後で知り、楽天アフィリエイト同じく楽天内のどこにでもリンクが貼れ報酬も現金で支払われる「A8NET(エーハチネット)」に登録したのだが、そう単純な物ではなかった。どういうことなのかは後ほど書こうと思う…。

さらにA8NETと同じく楽天と提携できる「トラフィックゲート」や、自動でテキスト広告を配信する「グーグルアドセンス」、書籍・DVD・ゲームに強い「Amazonアソシエイト・プログラム」にも登録した。もともと登録していたバリューコマースと合わせるとじつに7社ものASPと契約したことになるのであるが、それぞれ一長一短があり広告主もそのASPでないと契約できない企業もあったため、広告や商品の紹介にも幅ができた。それによって収益も一つのASPだけでは少しだったが、合計すると月に2万円程と結構な額になったのだ。電脳卸だけのときは月に数千円だったからこれは大きな進歩である。一社のASPだけで売上を伸ばそうとするのではなく、ASPを分散して合計額で収益を上げたのだ。

そしてこの時まさに自分の中で何かがわかったような気がしたのである。

続く

posted by ヒロ at 10:11 | TrackBack(0) | アフィリエイト実践記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

はじめた頃と電脳卸との出会い

初めてアフィリエイトというものを知ったのは、趣味でホームページを作った2000年頃だと思う。そのころはバリューコマースやバリュークリック(05年6月よりライブドアマーケティングに社名変更)等数社しかASPもなく、クリック保証広告主体での活動だった。収益も半年間でやっと振込みしてもらえる額の5000円というありさまで、とても副業と呼べる状態ではなく「お小遣い」かせぎ程度だった。(ほんとのお小遣いでも毎月貰えるが…)

当時も現在ASPで広く配信されている成功報酬型のプログラムはあるにはあった。しかしながら私が運営しているホームページのテーマに沿うようなプログラムがなかなか見つからず、さらに当時はバナー配信型が多く配置にも細かい制限がついてまわっていた。独自ドメインを持っていても無料レンタルのホームページのような感じになってしまうのには正直かなり抵抗を感じたものだ。

当時はインターネットで商品を購入するという習慣がまだまだ定着しておらず、いまでも覚えているが売れたのはメジャー企業の化粧品が2回程度で、むしろ報酬型のプログラムは物を売るというより、無料サービスの入会やASPの入会プログラムで稼いでいた感があった。

そんな状態で、なかなか結果の出ないアフィリエイトからしだいに心が離れていき、数年が経った2004年の11月のことだった。たまたまネット上で電脳卸を知った私は、その画期的なシステムに驚き、そしてこの数年間にどれだけ業界が進歩してきたのかを一気に知ることとなった。ネットで物を買うのは当たり前、いやむしろ物によっては普通に店で買うより断然お得…、このような世間の流れは感じてはいたのだが、それにしても驚いた。そして副業としてアフィリエイトをされている方や、アフィリエイト収益のみで生活している方などを知りさらに驚いた。自分の中でふたたびアフィリエイトというものに興味が出てきたのは言うまでも無い。

続く

posted by ヒロ at 15:27 | TrackBack(0) | アフィリエイト実践記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

電脳卸

電脳卸は他のアフィリエイトサービスプロバイダ(以下ASP)とは一風変わったシステムを取り入れたASPです。

電脳卸では電脳卸を運営する株式会社ウェブシャークのショッピングモールストアミックスに登録されているショップの商品を画像リンクとして仕入れ、販売店会員が自分のホームページに貼り付けて紹介しその画像リンクを経由して商品が売れた場合一定の報酬が入る仕組みとなっています。

ここまではA8NET(エーハチネット)等の個別商品リンクと変わりませんが、電脳卸が凄いのはまず報酬率の高さです。たとえばエーハチネットで人気の楽天市場の商品個別リンクの場合、一律商品価格の1%が報酬となります。10000円の商品を売ることが出来ても報酬は100円です。しかし電脳卸では商品にもよりますが平均10%から最大98%という高報酬です。

ゲルマニウムブレスがよりフィット感を改良されて誕生!ゲルマニウムブレス【サイズ・L】 【美容健康商品・1日使い捨てコンタクトレンズならBlue-Lagoon】←実際はこのような画像リンクをページに貼り付けます。ちなみにこのゲルマニウムラバーブレスは価格が1260円ですが、報酬率は税抜き価格の11%で132円です。13200円の商品を売るのはなかなか難しいですが、コレなら売れそうですよね?

高報酬だけが電脳卸の魅力ではありません。電脳卸ではMYユーザープログラムというのも取り入れています。これはかんたんに言うと一度リンクを経由して購入した人を紹介した販売店会員の顧客として登録し、一定期間内(4年)にもう一度ストアミックスで商品を購入した場合、他の販売店会員サイトからのリンクで購入したり、その顧客が直接ストアミックスにアクセスして購入をしても、一定率の報酬(報酬の60%)が登録されてる販売店会員に支払われるというシステムです。

つまりある人が、貴方のサイト(Aサイト)からストアミックスの商品ページに行き購入をしたとします。この人が1ヶ月後別のアフェリエイトサイト(Bサイト)からストアミックスに行き再び購入をした場合、この人は1ヶ月前のAサイトでの購入で貴方の顧客として登録されているので、Bサイトで紹介された商品の報酬の60%がAサイトの貴方に支払われます。(Bサイトの方には報酬の40%が支払われます)

さらに電脳卸では販売店会員の紹介制度もユニークで、2ティア制というものを取り入れています。かんたんに説明すると、紹介した販売店会員の売上げた額の2%の金額が、紹介の報酬として電脳卸より支払われるというものです。自分が直接紹介して登録してもらった販売店会員のみから適用で、自分が紹介した販売店会員が紹介者を獲得しても、適用されるのはその販売店会員のみです。つまり2段階まで→2ティアということで、これがいわゆるねずみ講と違う点です。

以上かんたんに説明しましたが、詳しくは電脳卸ホームページで詳細を確認してみてください。ホームページの雰囲気も大変ユニークで、楽しんで運営している感が伝わってきます。あとASPの中では珍しいのですがホームページの審査が無いです。

posted by ヒロ at 11:58 | TrackBack(5) | アフィリエイトサイト別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。